DNA鑑定、ビザ、帰化、法人設立、契約書、パスポートのことは専門の行政書士にお任せください。

ビザの更新
(在留資格の更新)Visa & Naturalization

ビザの更新(延長)について ~在留資格更新申請~ 

こんな方にご依頼をおすすめします

  • 転職を行って、更新がなされるか不安だ。
  • 平日に仕事を休んで出頭することができない。
  • 社会保険、雇用保険、納税の点で、
    更新されるか不安がある。
  • うまく手続ができるか不安。
  • 本人にまかせるのが不安であるという事業者様。
  • 雇用した外国人から、外部に出したくない書類を求められて困っているという事業者様。

在留目的を変更して別の在留資格に該当する活動を行おうとする場合に必要

在留資格(ビザ)を有している外国人のみなさまは,原則として付与された在留期間に限って日本に滞在することができることとなっています。

そのため、許可された在留期間では,所期の在留目的を達成できない場合に,いったん出国し,改めてビザを取得して入国することは外国人のみなさまとって大きな負担となります。たとえば、大学での勉強のために留学の在留資格を取得した場合、当初認められた期限内に帰国して、再度、ビザを取得して入国されるのは大変です。仕事の場合も同様で、帰国せずに続けて日本で働きたいと思われる場合が多いでしょう。

そこで,入管法は,法務大臣が在留する外国人の在留を引き続き認めることが適当と判断した場合に,在留期間を更新して、在留の継続が可能となる手続を定めています。在留期間の更新を受けようとする外国人は法務省令で定める手続により,法務大臣に対し 在留期間の更新許可申請をしなくてはなりません。

ビザの更新はビザ総合サポートセンター
(松村総合法務事務所)にお任せください!

ビザ総合サポートセンター(松村総合法務事務所)では、外国人のみなさまに代わって、適切な更新申請手続を行います。お住まいを管轄する入国管理局に申請します。一度も入国管理局に出向く必要はありません。大阪、京都、神戸以外への申請についても承っております(東京、名古屋)。

平成23年度実績
(当事務所は約10年の実績があります)

中国25件、韓国10件、インド3件、イスラエル1件(ビザは、人文知識国際業務、技術、投資経営、日本人の配偶者等)

まずはお気軽にご相談ください。法律の専門家がサポート!

DNA 鑑定、ビザ、帰化、法人設立、契約書、パスポートのことはお気軽にご相談ください。