1.日本の査証制度について

(1) なぜ査証が必要なのか

 日本へ入国しようとする外国人(船舶や航空機の乗員を除く。)は、自国政府から旅券(パスポート)の発給を受け、原則としてその旅券に日本国大使館・総領事館等(以下「在外公館」と略称)であらかじめ査証を取得した上で来日しなければなりません。

 日本の法律(出入国管理及び難民認定法。以下「入管法」と略称)では、日本に入国・上陸しようとする外国人は、有効な旅券で日本国領事官等の査証を受けたものを所持しなければならないと定められています。

 すなわち、到着した空港又は海港の出入国港において入国審査官によって行われる上陸審査の際に、査証を所持していることが上陸申請のための1つの要件となっています。

 したがって、必要な査証を所持していない場合は、原則として上陸が許可されないことになります

(2) 査証の性格とは

 「査証とは何か?」、「査証を取得するためにはどうしたら良いのか?」、「査証さえ取得しておけば入国・在留する上で支障はないのか?」等といった照会が多くあります。

 また、在外公館が発給する「査証」と法務省(入国審査官)が付与する上陸許可(又は在留許可)」との違いを混同して、「ビザ(この場合の意味は在留許可)の延長はどうすればいいのか?」、「ビザ(この場合の意味も在留許可)の延長を拒否されたのには納得がいかない。」といった照会あるいは苦情を外務省に(法務省に対してではなく)寄せてくる方が少なくありません。また、時には不十分な知識や誤解がもとで入国の際にトラブルに至る事例も散見されます。

 この冊子により査証についての皆様の理解が深まり、これらのトラブルを未然に回避する一助となれば幸いです。

(イ) 「査証」とは

 「査証」は英語でVISA(ビザ)」と呼ばれ、今日では日本語と共に英語名でも親しまれています。日本国政府の発給する査証は、「外務省設置法」に基づき外務省の在外公館において発給されるものです。査証は在外公館でしか取得できず、日本に到着した後に国内で取得しようとしてもできません。

 「査証」とは、我が国に入国しようとする外国人の入国及び滞在が差し支えないことの判断を示すものです。なお、査証そのものが入国(滞在)許可を保証するものではなく、空港又は海港における上陸申請のための要件の1つとされていることに御留意願います。

 諸外国の中には、査証に渡航国への入国保証の機能を持たせている国も一部にはありますが、大半の国は我が国同様外国人が入国するためには、査証とは別に出入国管理当局の許可を得なければならない制度をとっています。